部位により異なるトラブル

私達の身体は役割がそれぞれあり、皮膚の厚さも違いますよね。ですから、皮膚の状態も異なればトラブルも異なります。


★首・胸:皮膚が薄く、加齢とともにハリがなくなっていく箇所。特に首は衣服で隠れていないことがおおく紫外線にさらさられることが多いため、シワができやすいです。顔のお手入れの時に首も一緒にお手入れしましょう。顔に使っている化粧水や乳液を首にも使うことでシワが驚くほど目立たなくなりますよ。

★腋・二の腕:皮膚が薄く弱い箇所。腋の下は汗腺が多いため汗でムレるので常に清潔に保つようにしましょう。清潔に保ちつつ日中は銀の成分が入ったデオドラントを使用してみてはいかがでしょうか。銀には殺菌効果があり嫌なニオイを抑えてくれます。

★おなか:ほとんど衣服で覆われているためトラブルは少ない箇所。ただし肥満でラインが崩れやすいです。腹筋である程度筋肉がつけばラインは崩れません。しんどいですが腹筋はたまには行いましょう。

★背中・汗をかき、皮脂の分泌が多い箇所。どうしても洗いにくい箇所のため不十分な洗浄や洗い残しでニキビができやすくなります。背中のブツブツが気になるようであれば専用のブラシがあるので、ブラシにボディーソープをつけてしっかり洗ってみてください。

★足:太ももの内側は皮膚が弱くやわらかいため、かぶれが起こりやすい箇所。膝は関節を動かすため角質が厚くなる箇所。そしてひざの裏側は汗をかきやすくアカがたまる場所。皮膚が柔らかくかぶれる可能性もありますので、毎日洗って清潔に保ってください。

★つま先とかかと:保水力がないために角質が厚く、硬くなりがちな箇所。かかとは定期的に専用のやすりで角質を取り除き、尿素入りのクリームをしっかり塗るようにしましょう。放置しておくと角質が厚くなりすぎ、ガサガサのかかとになってしまいます。
足の指の間はアカがたまりやすいです。指の間をよく洗わないと足の悪臭のもとになりますので清潔に。足の爪の間も同様ですので洗うのをお忘れなく。

関連記事

  1. マッサージと併用することがボディケアの基本

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 部位により異なるトラブル

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cosmefan.org/mtos/mt-tb.cgi/12

コメントをどうぞ






TOPPAGE  TOP 
RSS2.0