示指定成分とは、なんですか?

Q:
表示指定成分とは、なんですか?


A:
薬事法第六十四条(直接の容器の記載事項)第四項の「厚生大臣の指定する成分を含有する化粧品にあっては、その成分の名称を表示しなければならない」という条文があり、この厚生大臣の指定する成分が「表示指定成分」になります。


アレルギー反応があった成分が指定される成分であり、必ず化粧品に表示するよう義務付けられています。アレルギーを起こす利用者の健康を守るために明記されているのです。ですからアレルギーのある方は必ず化粧品の成分をチェックしてから購入するようにしましょう。

表示指定成分は102種類あり、おおまかに分けると、殺菌・防腐剤、合成界面活性剤、アルカリ剤、保湿剤、エモリエント剤、収れん剤、紫外線吸収剤、酸化防止剤などになります。

あくまでもアレルギー反応をおこす可能性があるもので安全性が否定されているわけではありませんのでご安心を。
なお、現在は全成分表示が一般的になっています。

関連記事

  1. 防腐剤の働きについて教えてください

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 示指定成分とは、なんですか?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cosmefan.org/mtos/mt-tb.cgi/17

コメントをどうぞ






TOPPAGE  TOP 
RSS2.0