皮膚のターンオーバー

皮膚のターンオーバーとは、簡単に言うと、新しいお肌に生まれ変わること。

表皮細胞が垢となって剥がれ落ちて皮膚の組織が生まれ変わることなんです。

そうそう、年齢によって新しい細胞に生まれ変わる周期が変わってくるのを

ご存知ですか?

その周期は約28日間と言われてますが

年を取っていくにつれて、30日・・・50日とどんどん遅れていきます。

その結果、紫外線などの刺激によってみずみずしさやハリのない

"古く痛んだ肌"が新しい肌細胞に生まれ変わることなくお肌に残ってしまうんです。

健康な状態の角質層には、15%~20%の水分が含まれているのが理想。

しかし、保湿する仕組みが機能していないと水分を蓄えることができません。

すなわち、角質層は肌の潤いを保つ大切な組織と言えます。

角質層に存在する"天然保湿因子"NMFは水分をキャッチして離さない性質を

持っています。

この2点の機能が低下すると、シワやシミ、くすみの原因となり"肌老化"を

引き起こします。

関連記事

  1. 肌とエイジング
  2. 紫外線と乾燥は肌の大敵
  3. 水分と弱酸性のPHバランス
  4. 乾燥は肌荒れや小ジワの原因に・・・
  5. 皮膚は3層からできている(表皮・真皮・皮下組織)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 皮膚のターンオーバー

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cosmefan.org/mtos/mt-tb.cgi/4

コメントをどうぞ






TOPPAGE  TOP 
RSS2.0